ムーンリバーのささやき

さり気なく 自由に 人にやさしい社会を

新党による討論会

本日6月7日、予定されていた、

日本文化チャンネル桜での討論会。

 

~【討論】なぜ私たちは国政を目指すか?【桜R4/6/7】~

 

新党くにもりと、NHK党によるネットでしか

見られない討論会。

14時半~ライブで視聴しました。

 

YouTubeライブ配信で、こんなに待ち遠しく、

ワクワクしたのは、久し振りでした。

 

腹を割って話すことの大切さ、面白さを感じられる、

有意義な時間でした。

 

地上波では観られない番組です。

 

新党くにもりから、本間奈々代表、安藤裕共同代表

NHK党から、立花孝志党首、黒川敦彦幹事長(つばさの党代表)

の4名が参加。

 

司会:室伏健一氏

オブザーバー:水島裕

 

特に、後半の各党の質問の時間や、フリートークの時間

が楽しかったです。

 

www.youtube.com

 

参政党も参加予定でしたが、昨日参加を辞退しました。

 

辞退の理由は、N国党幹事長でつばさの党党首の黒川敦彦氏による、

参政党への公開質問状です。

 

黒川氏の公開質問は、参政党の誹謗中傷動画であり、

イメージダウンになるのではないかとの理由とのこと。

【緊急告知】6月7日「闘論!倒論!討論!」出演者変更について[R4/6/6] - YouTube

 

 

確かに、黒川氏の質問は、まるで試験のようで、

問いが細かく、数が多く、くどいです。

また、答えにくそうな三択になっていて、

一見したところ、ちょっと意地悪な印象も受けます。

 

しかしながら、黒川氏は、デマや炎上商法で質問したのではなくて、

参政党や、党首の神谷氏を、救おうとされている側面が

あるように感じました。

 

6/5 黒川氏の公開質問の動画 

www.youtube.com

 

 

6/6 参政党出演辞退を受けての黒川氏の動画

www.youtube.com

 

黒川氏は、神谷氏が役員をしている、

もしくは過去に役員をしていたいくつかの団体が、

統一教会や笹川一族、岸・安倍一族、ユダヤ資本家

などを背景に持つことを、神谷氏は理解して

参画していたのでしょうか?と、問うています。

 

知らず知らずのうちに、ユダヤ勢力の手先に

されているのではないですか?と。

 

ユダヤの研究を、人一倍されていて、

外資に政治家や経済人が取り込まれていることに

懸念を抱いている黒川氏は、

参政党を心配をされたのではないかと。

 

黒川氏は、神谷氏に、気付いてほしかった

のではないかと感じるのです。

 

今後、新党同士で、協力しながらやっていく

こともあるかもしれないですし、

是非とも確認したいことだったのかもしれません。

 

N国党には、供託金の600万円を支払います

という中国の帰化人から、参院選公認の要望があり、

公認後、2~3日で、公認を取り消した

という事件がありました。

 

日本を愛するというより、中国の方に向いていて、

電話連絡もなかなか取れない、

対応が緩慢な女性だったようです。

 

この華人女性を紹介してきたのが、現在議員の秘書で、

中国共産党の息のかかった団体の理事もしている、

衆議院議員でした。

 

 

黒川氏は、6/6の動画で、団体の登記簿などに

神谷氏の名前がある事や、WEBサイトの画像を提示して、

説明をされていました。

 

しかし、神谷氏がこのような団体とは全く関係が無く、

でっち上げだというのであれば、その旨を、折角の舞台である

チャンネル桜の討論の場で、はっきりと主張すれば

よかったのではないでしょうか。

 

 

チャンネル桜の水島社長は、

また討論の機会を設けたいと言われていました。

NHK党との討論がNGであれば、参政党単独でもいいとのこと。

 

参政党の党首神谷氏は、聞いている人の心を揺さぶる、

魂の演説をされる人だと感じています。

それは、彼の熱い想いがあるからできることです。

 

是非、楽しみにしている国民のためにも、討論の場で、

ご自身の熱い意見を述べていただけることを

期待しています。

 

6/6 参政党よりつばさの党へのアンサー演説

www.youtube.com

 

ご訪問、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(50代女性)へ
にほんブログ村